深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

東京 烏森神社 「心願色みくじ」で「超大吉」が出るかも

      2019/06/08

烏森神社の御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、天鈿女命(あめのうづめのみこと)、瓊々杵尊(ににぎのみこと)の三柱です。倉稲魂命は五穀豊穣の神様、天細女命は技芸の神様、瓊瓊杵尊は天孫降臨神話の主人公で、五穀豊穣の神様です。
天細女命を祀っている神社は数少ないそうで芸能の技能向上の為に芸能人の参拝も多いとのこと。

烏森神社の「心願色みくじ」が人気だそうで、願いを書き込み、専用の結び処に結びつけると願いが叶うといわれています。また、烏森神社のマスコットキャラ「恋吉」には恋愛成就のご利益があると人気です。

 
 

スポンサードリンク

 
 

■烏森神社

所在地:東京都 港区 新橋2丁目15-5

電 話:03-3591-7865
 

 
 

■烏森神社へのアクセス

JR新橋駅 西口・日比谷口より徒歩2分/烏森口より徒歩3分

地下鉄(銀座線・都営浅草線)新橋駅 徒歩2~3分

 

 
 

■烏森神社の「心願色みくじ」

願意・占うものにより4色に色分けされた烏森神社独自のおみくじです。

「おみくじ・願い札・願い玉」の3点からなります。

この「願い札」は後日、神職により心願成就祈願をして頂けるそうです。

 
心願色みくじは、まず「赤・黄・青・緑」を選んでから筒を振ります。

この四色はそれぞれ、お願い事の種類でわかれていて、次のようになっています。

 
・赤 恋愛・良縁・縁結び
・黄 金運・幸運・商売繁盛
・青 厄払い・仕事・学業・技芸上達
・緑 健康・家庭・交通と旅行安全・子授け・安産

 
お受けすると、おみくじと一緒に、願い事を書く願い札がいただけます。

さらに、色に応じた願い玉もいただけます。

願い札に願い事を書き、結び所に結んで、願いが叶うようお願いをします。

書く際は、サインペンも四色用意されているので、対応した色で書くようにしましょう。

初穂料は500円です。

 
 

★「心願色みくじ」で「超大吉」を引き当てたら!

超大吉御守とその強運をみんなにお分けする「福分けセット」を授与してくれるそうです。

 


スポンサードリンク

 

■烏森神社の御朱印

烏森神社では神事・行事に合わせて、年間10種類ほどの御朱印を授与しています。

 
★御朱印帳へのお書き入れについて

・烏森神社では月に数日、日を決めて御朱印帳へのお書き入れをして頂けます。

・それ以外の日は、書き置きの一枚和紙でのお授けとなります。

※御朱印帳へのお書き入れをして頂ける日は烏森神社の「Twitterのカレンダー」でご確認ください。

 
 

★烏森神社の通常御朱印

赤・黄・青・緑の4色の巴紋と烏をあしらった社紋からなる。
また、色みくじ・鈴守を受けた方にはその証としてそれぞれの透かし印も押して頂けます。

 
 

 
 

スポンサードリンク

 - ■恋愛運、結婚運がアップする神社、寺,  関東地方

  関連記事

栃木県 美人弁天 美人を証明するお守り「美人証明」

「美人弁天」は厳島神社の御祭神・市杵島姫命の分身で、明治維新前は、「明石弁天祀」 …

静岡県 三嶋大社 天然記念物の樹齢1200年の金木犀

この三嶋大社は源頼朝公が源氏再興を祈願した神社としても知られていて、御本殿は、あ …

東京 大國魂神社 新撰組 近藤勇の天然理心流襲名試合が開催された

大國魂神社は、大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を武蔵国の守り神としてお祀りし …

佐賀県 男女神社 御朱印は神主さんがいる時は書いて頂けます

この「男女神社」は鎌倉時代(約700年前)に創建され、伊奘諾尊(イザナギノミコト …

香川県 金刀比羅宮 奥社へ1368段の石段を登り祈願する

金刀比羅宮は象頭山の中腹に鎮座し、「さぬきこんぴらさん」で有名な神社で、全国の金 …

大阪府 御霊神社 御神木「肌守りの木」は美肌のご利益も

大阪の「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」は「縁結び」「美肌」「金運」「厄除け」の神 …

京都 御金神社 人気の「福財布」が金運を授けてくれるかも

「御金神社(みかねじんじゃ)」は京都の中心地にあり、24時間参拝可能なので観光客 …

京都 野宮神社 一年以内に恋愛成就するといわれる「お亀石」

野宮神社(ののみやじんじゃ)は、京都市右京区の嵯峨野にある神社です。 野宮大黒天 …

茨城 筑波山神社 「羽根突きの発祥の地」のお守り「つくばね守」

筑波山神社は筑波山を神体山として祀る神社で、主要社殿は「男体山本殿 &#8211 …

群馬県 妙義神社 樹齢500年の大杉

この妙義神社(みょうぎ じんじゃ)の歴史は古く、創建は「宣化天皇の二年(537) …