深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

雛人形の並べ方(関東と関西)飾る時期と片付けの時期

   

雛人形はいつ頃から飾り付けをするのが良いのでしょうか?
そうして、いつまで飾っておけるのでしょうか?

雛人形の並べ方も意外と難しいものですよね。
さらに関東と関西では地域によって雛人形の並べ方も異なるようです。

そんな、雛人形についての疑問にお答えします。

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 

雛人形を飾る時期

特にこの日から飾り付けるという明確な日付けは決まっていません。
一般的には立春(節分の翌日)から二月中旬頃までに飾るのが一般的です。
 
 

雛人形をしまう時期

一般的には、雛祭りから二週間後、つまりは三月の中旬頃までにはしまうようにとされています。
しかし、関西地方では旧暦のひな祭りにお祝いをする習慣が強いので、そのため新暦の3月3日の直前に飾り、旧暦のひな祭りにあたる現在の4月3日頃に片付けます。
 
 

雛人形の雛壇への並べ方(段飾りと平飾り)

雛人形には「平飾り」と「段飾り」があります。

「平飾り」とは、お内裏様とお雛様のみの雛人形を飾るものです。

「段飾り」は三段、五段、七段になっており、お内裏様とお雛様の他、三人官女や五人囃子、右大臣左大臣と呼ばれる随身、御所車やお雛様の嫁入り道具などを飾ります。
 
 


 
 

日本の習慣では上座は向かって左側です。これは、中国文化の影響で「左上位」とか「左上座」といわれる習慣です。
宮中では、天皇が上座である左上座(向かって右)に座る習慣がありました。
この習慣を模して、京都を中心とした関西では、向かって右にお内裏さま、左にお雛さまがお座りになっています。

しかし、関東(関西以外の地域)では逆の位置に飾られます。

これは、大正天皇以降の宮中では、西洋の風習に習い、上座が逆になったことからそれに倣って逆になったのです。
つまり京雛(関西)が「古式」、関東雛が「西洋式」の並びということになります。
 
 
 
 

 
 
 
 

 - 生活の知識

  関連記事

ウォーターサーバーのボトル交換て面倒、簡単な方法は無いの?

ウォーターサーバーのボトル交換て重くて大変ですよね。特に女性などは、重いボトルを …

ツバメの巣…中華料理の話ではありません

4月も後半になるとツバメが飛び交う季節となります。 私が住む関西地域では、5月の …

夏の紫外線対策 紫外線を防ぐ方法とは

夏は太陽の下で活動的になる季節です。しかし、気をつけたいのは「紫外線」です。日焼 …

花粉症の季節もやっと終わりでしょうか?

私も春になると花粉症に悩む一人なのですが、症状としてはそれほど酷い症状ではありま …

父の日のプレゼントは何がいいのかランキング?

  6月の第3日曜日は「父の日」ですが、この日が「父の日」とされるのは …

初めて日本刀を鑑賞する人のための、日本刀の基礎知識

「日本刀」とは日本の刀剣の総称で、西洋の「剣」と異なり「柄(つか)」が長く両手で …

新盆(初盆)には何をするのか?

新盆(にいぼん、しんぼん)初盆(はつぼん)とは、故人が亡くなってから初めて迎える …

食中毒を防ぐために家庭でできる予防法

暑い季節になると食中毒が増える時期となります。食中毒を防ぐために家庭でできる予防 …

脊柱起立筋トレーニングで、肩こりや腰痛を解消する

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)は背中の中心を縦に覆っている大きな筋肉で背骨か …

男性へのクリスマスプレゼント もらって嬉しいランキング

男性に贈るクリスマスプレゼント。何を贈れば喜んでもらえるのか悩むところです。そこ …