深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

智者の敵とは… 「呪術師と私」 ドンファンの教え より

      2016/09/24

わしにとっては心ある道を旅することだけしかない。
どんな道にせよ心のある道をだ。
そこをわしは旅する。
そしてその端までたどりつくのが唯一の価値のあることなのだ。
その道を目を見はって、息もせずに旅していくのだ。

 
 
 
 

人は学びはじめの頃、自分の目的が決してハッキリしていないものだ。
目的は不完全で意志はあいまいだ。
学ぶことの辛苦をぜんぜん知らないから、決して物質化できない報酬を望むんだ。

彼は少しずつ学びはじめる、そうして彼は第一の自然の敵と出会う。

それが恐怖だ、

恐怖に打ち勝つにはどうしたらいいのか?

答えは簡単だ。逃げないことだ。そうすればやがて第一の敵が引き下がるときがくる。
人は自分自身に確信を感じるようになる。彼の意志はさらに強くなる。

 - 読書

  関連記事

201544sakurayama
奈良の斑鳩の里へ行ってきました。

斑鳩といえば、法隆寺を中心とした地域です。 今の斑鳩町という地名もありますが、本 …

2015yabusame
平家物語を読んでみた

平家物語の文体はとてもテンポが良く、声に出して読んでみるとそのリズム感に酔います …

2015yabusame
源義経の騎馬軍団と、馬の文化

悲劇の武将といわれる源義経ですが、また天才的な戦術家ともいわれています。平家軍と …

201545jinnjya
梁塵秘抄を読みました

古典文学って、なんか取っ付きにくい感じがするかもしれません。 しかし、古典文学を …

201545sorakumo
万葉集を読んでみました

万葉集といえば、1200年以上前の詩集ですよね。 スポンサードリンク そんな昔の …

2015yabusame
今昔物語について

私が好きな古典文学に一つに「今昔物語」があります。 スポンサードリンク この今昔 …

2015yabusame
動乱期をえがいた古典文学は面白いですね

古典文学の中でも「軍記物語」は私の好きなジャンルの一つです。 スポンサードリンク …