深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

陸上自衛隊 99式自走155mmりゅう弾砲

   

9式自走155mmりゅう弾砲は、日本の陸上自衛隊が75式自走155mmりゅう弾砲の後継として開発した自走榴弾砲である。

略称を99HSPとしており、配備部隊内では99式15榴やSPとも通称される。

 
 

スポンサードリンク

 
 

主砲にはトラベリングクランプが2組付いており、移動する際はこれによって砲を固定する。駐退復座機構の油圧を制御することで、砲身を後座して格納した状態にすることが可能になっている。

口径は、75式自走155mmりゅう弾砲と同じ155mmで、砲身長は30口径から52口径に延長され、最大射程は約30kmと75式の1.5倍以上に延びている。長射程弾(ベースブリード弾)使用時の最大射程は約40km。

自動装填式であるが、装填は任意の角度で行うことができ、主砲を一定の角度に戻して装填する必要があった75式に比べて、迅速な装填を可能にしている。

さらに、砲弾のみ自動装填であった75式に対し、砲弾と共にユニ・チャージ式の装薬も自動で装填され、最大で毎分6発以上、3分間で18発以上の発射速度を有する。

アメリカ陸軍の自走榴弾砲であるM109A6は、機械的な補助はあるものの砲弾、装薬、火管の装填がすべて手動であり、99式は技術的に進んでいるといえる。

特に装薬の装填も自動化した自走榴弾砲は世界的にも珍しく、ドイツのPzH2000やイギリスのAS-90でも実用化には至っていない。

また、砲塔右後部のハッチ前に、本車への給弾専用に開発された99式弾薬給弾車を連結することで、自動で弾薬を補給し、継続的な発射速度を向上させる事ができる。

照準は、砲手席のパノラマ眼鏡とコリメーターでも行なうことができる。射撃管制装置は、野戦特科射撃指揮装置(FADAC)にデータリンク対応しており、さらに高度な機能として、射撃指揮所の遠隔操作による自動標定、自動照準、自動装填、自動発射が可能とされる。

このほか、自衛用として、砲手ハッチに12.7mm重機関銃M2を1丁装備する。

 
 

スポンサードリンク

 
 

■99式自走155mmりゅう弾砲

略称:15HSP
愛称:ロングノーズ
乗員 4人
全備重量 40.0t
全長 11.3m
全幅 3.2m
全高 4.3m(積載状態)
旋回性能]超信地
速度 49.6km/h
エンジン 空冷4サイクル直列6気筒ディーゼル機関600ps

武装
155mmりゅう弾砲
12.7mm重機関銃

開発 防衛庁技術研究本部
製作
・砲塔:日本製鋼所
・車体:三菱重工業

師団特科連隊などに配備され、近接戦闘部隊を支援する。11年度から調達を開始。

20161001552rikuji

 
 

■99式自走155mm 75式自走155mm 110A2 自走203mm の動画


 
 

★⇒「初めて自衛隊イベントへ行く人の為の準備と予備知識」はここをクリック

 
 

スポンサードリンク

 - ミリタリー(Military )

  関連記事

2018年 航空自衛隊 芦屋基地航空祭の詳細

2018年 福岡県の航空自衛隊芦屋基地で航空祭が開催されます。 今年もブルーイン …

2018年 陸上自衛隊北恵庭駐屯地 創立68周年記念行事の詳細

2018年7月14日に陸上自衛隊 北恵庭駐屯地の創立68周年記念行事が開催されま …

新潟 デンカビッグスワンスタジアム新春フェスタ2016

新潟県のデンカビッグスワンスタジアムで「デンカビッグスワンスタジアム新春フェスタ …

陸上自衛隊第5旅団「第35回ファミリーコンサート」の詳細

2018年12月22日(土)、北海道音更町の「音更町文化センター」で、陸上自衛隊 …

陸上自衛隊 八戸駐屯地 創立60周年記念行事 基地祭

陸上自衛隊八戸駐屯地(JGSDF Camp Hachinohe)は、第4地対艦ミ …

2017年「みなと八代フェスティバル」護衛艦「きりさめ」一般公開

2017年11月5日(日)、八代港外港地区にて開催される「みなと八代フェスティバ …

海上自衛隊 徳島航空基地開隊記念行事 基地祭

海上自衛隊 徳島航空基地の「徳島教育航空群」では、主に計器飛行による操縦技術の教 …

陸上自衛隊74式戦車

74式戦車(ななよんしきせんしゃ)は、陸上自衛隊が61式戦車の後継として開発、配 …

2018 ヨコスカ フレンドシップデーの詳細

2018年8月4日(土) 「よこすか開国祭」にあわせ「ヨコスカ フレンドシップデ …

陸上自衛隊 武山駐屯地 高等工科学校創立記念行事2018

2018年10月15日(日)、陸上自衛隊 武山駐屯地 高等工科学校創立62周年記 …