深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

マイナンバー制度による「なりすまし」などの不正利用を防ぐ方法とは

      2015/11/28

2016年からスタートする「マイナンバー制度」ですが、国民が一番不安なのは「自分のマイナンバーが他人に不正利用されるのではないか?」ということです。そこで、日本のマイナンバー制度の不正利用の防止対策について解説します。

■マイナンバー法で規定された目的以外では利用禁止

マイナンバーは法律で規定された目的以外ではマイナンバーの提供を求めたり、利用することが禁止されています。

また、役所や会社がマイナンバーを取得する際には、そのマイナンバー提出者が間違いなく本人であるかを確認するために「運転免許証やパスポート」など写真付きの身分証明書で確認することになっています。

もし、「運転免許証やパスポート」など写真付きの身分証明書が無い場合は、健康保険被保険者証や年金手帳など、身元を証明する書類をふたつ以上掲示しなければなりません。

また、この場合「個人番号カード」を作成しておけば、マイナンバーの確認と身元確認が一枚のカードでできることになります。
 


 

■個人番号カードにも高度なセキュリティ対策がとられている

個人番号カードに埋め込まれているICチップの情報を盗み出そうとしても、次のような対策がとられています。

・光が当たるとメモリ内容が消去される

・メモリ回路素子は表面から観察できない

・電圧異常、クロック異常などを検知すると動作が停止する

・メモリの素子配置をランダムにして解読を防止

・個人番号カードのパスワードは一定回数以上入力を間違えるとカードがロックされる
 
 

■代理人によるマイナンバーの提供時の不正防止対策

下記のケースでは、マイナンバーを代理人により提供しなければならない場合があります。

・長期療養中の本人の代理
・長期出張中の本人の代理
・その他やむを得ない状況
 
このような場合、代理人を立てる際の要件としては、

・代理権の確認: 法定代理人の場合は「戸籍謄本」など、任意代理人の場合は「委任状」が必要です。

・代理人の身元確認:代理人の個人番号カード

・本人のマイナンバー:本人の個人番号カード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写しなど。
 
 
 
 
 

■マイナンバーに関しての疑問や苦情、何か困ったときの相談と問合せ先一覧

⇒http://oyajika.com/1996.html

 
 
 

 - マイナンバー制度

  関連記事

マイナンバーが他人に知られたら、「なりすまし」で悪用されるのでは?

2016年1月から開始された「マイナンバー制度」ですが、行政手続や税金関係などで …

マイナンバーの情報が漏れ、実害が出る危険はどの程度あるのか

マイナンバー制度による個人情報の流出対策や、ハッカー対策は万全なのでしょうか? …

マイナンバー制度で自分のプライバシー(個人情報)を守る方法とは

マイナンバー制度により、自分自身の個人情報が流出するのでは、という不安は誰にでも …

マイナンバー制度 「個人番号カード」の受け取り方法の解説

2016年から開始される「マイナンバー制度」ですが、2015年10月5日より「マ …

マイナンバー 生前贈与は2020年までに行なうほうがよいのか?

政府は2021年から、マイナンバーと銀行口座のひも付けを義務化する予定です。 今 …

マイナンバー制度で、あなたの資産はすべて税務署に把握されます

マイナンバー制度は、国民にとっては「身分証明」が簡単になるくらいのメリットしか無 …

マイナンバー 個人番号カードはどうやって取得するのか?

マインバー制度により「個人番号カード」は通知カードとは別のもので、申請しなければ …

マイナンバー制度の疑問と不安について解説します 

2016年1月から始まる「マイナンバー制度」ですが、マイナンバーが通知されると、 …

マイナンバー制度 「マイナポータル」で何ができるのか?

マイナンバー制度により、インターネットを使って自宅のパソコンからアクセスし確定申 …

マイナンバー制度の通知方法と、個人番号カードの申請と受け取り方法

2015年10月から国民一人ひとりに、それぞれの個人識別番号(マイナンバー)の通 …