深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

ニチニチソウの育て方

   

「ニチニチソウ」は江戸時代中期に中国から来た花です。草丈は30㎝くらいの矮性種から50㎝以上になる高性種があります。真夏の厳しい暑さと強い日差しに強く、分枝性が良く自然に形良く繁り、株を覆うように次々と花を咲かせるので「日々草」と呼ばれます。寒さに弱いので気温が下がると花が小さくなります。
コンテナガーデンのアクセントカラーとしても最適です。

高温多湿に強いので夏でも花が咲き続ける丈夫な性質を持ちます。発芽適温が20度~25度と高いので箱まきして小苗のうちにポットに鉢上げします。日照不足になると花付が悪くなるので「庭植えの場合」は育てる場所に注意すること。日当たりと水はけが良い場所を選ぶこと。
「鉢植えの場合」は鉢を置く場所に気をつけるようにしてください。

なお、「ニチニチソウ」には毒性があるので絶対に食さないでください。

 
 

スポンサードリンク

 
 

■種子撒き

育苗箱などに「赤玉土小粒とバーミキュライト」等量の混合土を入れ、種子をばら撒きして薄く土をかぶせる。

 
 

■ポットに移植

発芽して本葉が2~3枚になったら、3号ポッドに種子まきと同じ用土を入れ、一本ずつ植え替えます。

 
 

■植え付け用土

基本的に水捌けのよい用土であれば土質は選びません。

・「庭植えの場合」は、腐葉土を多めにすき込み、適量の緩効性肥料を混ぜ込む。

・「鉢植えの場合」は、市販の培養度か、「赤玉土小粒70%に、バーミキュライト30%、または腐葉土30%に」に緩効性肥料を加える。

 
 

■植え付け

・「庭植えの場合」は株間20㎝で植えつける。

・「鉢植えの場合」は5号鉢に一株植えつける。

 


スポンサードリンク

 

■肥料

・庭植え、鉢植え、どちらも2ヶ月に一回、錠剤タイプの化成肥料を施す。

・月に1~2回程度、液肥を与える。

 
 

■水やり

「鉢植えの場合」は用土の表面が乾いたら水を与える。夏の暑い時期は水分が不足すると萎れてくるので、毎日多めに水を与える。

 
 

■病気、害虫

・葉に白粉がつく「ウドンコ病」、過湿になると「立ち枯れ病」が発生しやすいので注意すること。病気を見つけたら殺菌剤を撒く。

・アブラムシやハダニ類が発生したら殺虫剤、殺ダニ剤を散布する。

 

 
 

 
 
 

★⇒「草花の病気と害虫対策の基礎知識」はここをクリック

 
 

 - ■ガーデニング,  夏

  関連記事

コスモスの育て方 栽培方法

コスモスは春播き一年草です。元来は秋に開花する花ですが、最近は改良が進み日長に関 …

今年の桜の季節は雨ばかり

今日も朝から一日雨でした。桜が咲く時期に雨が続くのは本当に残念ですね。 スポンサ …

ガーデニングを楽しむ 草花の病気と害虫対策

園芸(ガーデニング)を楽しんでいても、せっかく苦労して育てた草花が害虫や病気で枯 …

八景島 あじさい祭り 神奈川県内最大級の2万株のアジサイが咲く

日本最大級の水族館『横浜、八景島シーパラダイス』では、恒例の「第15回 八景島あ …

桜の木の不思議

今日はとても寒い日でした。先日の夜は強い雨と、強い風が吹き満開の桜も散ってしまっ …

桜 散る

昨日の日曜日はあいにくの雨模様でお花見もできませんんでした。 今日は昼間は曇り空 …

サギソウの栽培方法

花がシラサギが飛んでいる姿に似ているので「サギソウ」と呼ばれている花です。純白の …

パンジー、ビオラの栽培方法 育て方

パンジーはヨーロッパ原産のスミレを園芸用に育成したものです。野生種に近い丈夫な小 …

バーベナの育て方

日本名「美女桜(ビジョザクラ)」。一年草として栽培される「ビジョザクラ」や、宿根 …

関西で人気のお花畑 あじさい ハナショウブ ひまわり ききょう

真夏の盛りには、真っ青な夏空のもとで綺麗に咲き誇るお花畑に行ってみましょう。 近 …