深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

1万の英単語を効率的に暗記する学習法とは

   

■東京大学の元医学博士が開発した、大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法とは?■

「英語を話せるようになるのに多くの単語は必要ない」と言っている英語講師もいますが、そもそも単語を知らなければ英会話はできませんし、リーディングもリスニングも英単語を知らなければ何もできませんよね。

そこで、ミネソタ大学の ジェームス・I・ブラウン教授が著書『Programmed Vocabulary』の中で提唱した英単語習得に関する理論があります。

ブラウン教授によると、14 の語根と 20 の接頭辞、合計 34 のパーツを関連づけて覚えることで、1万4千語の英単語に対応できるというのです。
14 の語根と 20 の接頭辞(合計 34 のパーツ)を抑えて覚える事で 1万語以上の英単語のニュアンスを理解する事につながり、それが最短最速で英単語を暗記する事につながるのです。

この理論を応用したのが、大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」この学習方法ですです。

★驚異の英単語記憶法の詳細はこちらをクリック
https://www.infotop.jp/click.php?aid=126029&iid=71672

 
 

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単語を知っていることが必要です。
英語は英単語をたくさん暗記しないと実用では使えません”■

これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。

外国の大学への留学はもちろん、仕事で外国へ行く場合、最低でも1万の英語の語彙を覚えていないと、スムーズな意思疎通はできません。
英語圏のネイティブの子供(10歳位)でも1万5千語の語彙を知っているそうです。

ここでご紹介する英単語記憶法は、ミネソタ大学の ジェームス・I・ブラウン教授の英単語習得に関する理論を元に、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という学習方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。

下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。
 
 
★驚異の英単語記憶法の詳細はこちらをクリック
https://www.infotop.jp/click.php?aid=126029&iid=71672

 
※この驚異の英単語記憶法「ミリオン・ボキャメモリー」は、購入後120日以内なら、どのような理由でも返金請求すると「無条件で購入代金を返金」してくれます。
「返金申し込み」はメールで返金請求するだけで7日営業日以内に、あなたの銀行口座に購入金額を振込んでくれます。

 

 - 英語学習

  関連記事

関連記事はありませんでした