深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

山梨県 新屋山神社 強力な金運パワー 投資家やIT起業家も参拝

      2019/07/06

霊峰として信仰を集めてきた富士山ですが、その富士吉田登山口の近くに鎮座するのが「新屋山神社」です。
富士吉田市の新屋地区に本宮があることから「新屋山神社(あらややまじんじゃ)」といわれています。この「新屋山神社」の「奥宮」には、御縁がないとたどり着けないという言い伝えもあるそうです。

ある有名な経営コンサルタントが「お金に困りたくないなら、富士山のこの神社に行くと良い」と言われたそうで、それが切っ掛けで「新屋山神社」は“金運”を授けてくれるパワースポットとしても人気となったそうです。投資家やIT起業家なども参拝に来るとか。

「本宮」は、富士山の麓にある北口浅間神社の近くにあり、新屋山神社の「奥宮」はそこから車で30分ほどの富士山二合目に鎮座していて、「金運神社」と称されるのはこの「奥宮」になります。

奥宮までの道は、11月下旬からゴールデンウイークまでは閉鎖されますので奥宮の参拝受付はお休みとなります。本宮は年間を通してお参りできます。

 
 

スポンサードリンク

 
 

■新屋山神社(あらややまじんじゃ)

所在地

「本宮」:山梨県富士吉田市新屋山神河原1230
「奥宮」:山梨県富士吉田市上吉田56165
 

電 話:0555-24-0932( 9:00~16:00 )

サイト:http://www.yamajinja.jp/

 

 
 

■新屋山神社「本宮」へのアクセス

JR大月駅より乗換え 富士急行 「富士山駅」から、

・富士急行バス 「浅間神社」下車 徒歩約10分

・富士急行バス「新屋公民館入口」下車 徒歩約5分
 
※富士山駅の南口のすぐそばにタクシー会社がありタクシーで行くと便利です。
 地元のタクシーですので「本宮」「奥宮」への道順はよく知っています。
 タクシー代は往復1万円ほど掛かるそうです。料金は乗車する前に確認しておいたほうが良いでしょう。
 
 

 
 

スポンサードリンク

 
 

■新屋山神社「奥宮」への道順

下記の「新屋山神社 本宮・奥宮へのご案内」の地図は、新屋山神社 本宮内でいただけます。
 

 
 

※奥宮までの道は、11月下旬からゴールデンウイークまでは閉鎖されます。
※参拝の順番としては、「本宮」をお参りした後に「奥宮」を参拝して下さい。
※歩いて「奥宮」まで行くのは無理です(林道に熊が出ることがあるそうです)。必ず車かタクシーを御利用ください。
 
 
 

★新屋山神社「奥宮」へ

国道138号沿いの「富士浅間神社東」交差点から富士山へ登っていく国道701号を進みます⇒⇒少し進むと「中の茶屋」に突き当たりますので、そちらを左手に曲がります⇒⇒奥宮の鎮座する二合目(標高1,700m)までは、約8.5kmの林道を車で20分ほど走ります。

※歩いて「奥宮」まで行くのは危険です。(林道に熊が出ることがあるそうです)必ず車を御利用ください。

 
 

■新屋山神社「奥宮」の参拝方法

(1)奥宮の参拝手順は、まず赤い鳥居のある社へ参拝します。
  
(2)次に、すぐ右奥の祠を時計回りに3回まわり、社殿に向かって(これが富士山の方向)、手を合わせて拝むと願いが叶うそうです。

(3)次に、授与所の横の小さな社に参拝してください。ここへの参拝が一番大切とも言われています。

 
 

■新屋山神社の御朱印と御朱印帳

新屋山神社の御朱印は「本宮」と「奥宮」の社務所で頂けます。

・本宮社務所:午前9時から午後4時(時期により早く閉まる場合もあり)
・奥宮社務所:午10時から午後3時(時期により早く閉まる場合もあり)
 
御朱印初穂料:300円

御朱印帳初穂料:1500円

 

 
 

■御神石

神様にお伺いを立てる(質問する)石で、三回持ち上げて感じた重さが変われば、速やかに事が運ぶという不思議な石です。

※ お願い事をする石ではありません。
 

【お伺い石の作法】

(一) 両手を合わせて「お願いします」と挨拶の一礼
(二) 石を持ち上げて下ろす[一回目] (三) 額を石の頂上に当て、両手で斜面を撫でながら、一つだけ具体的にお伺いする
(四) 石を持ち上げて下ろす[二回目] (五) 両手を合わせて「有難うございました」と挨拶の一礼
(六) 石を持ち上げて下ろす[三回目]

※ 持ち上げた石の重さが二回目が一番軽ければ「良」、それ以外は「不」

 
 

スポンサードリンク

 - ■恋愛運、結婚運がアップする神社、寺,  中部地方,  金運

  関連記事

東京大神宮 「東京のお伊勢さん」と言われる縁結びの聖地

この「東京大神宮」は東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されました …

茨城県 大宝八幡宮 高額宝くじ当選者が相次ぎ総額40億円

大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)は、大宝元年(701年)に創建された大分県の宇 …

宮城県 金華山 黄金山神社 日本最古の金運パワー神社

聖武天皇の御世 天平21年(西暦749年)に天皇に黄金を献上した史実から、産金の …

淡路島 おのころ島神社「紅白の縄」で縁結び祈願

「おのころ島神社」は古事記での伊弉諾命と伊弉冉命の国生みの地とされる丘に建つ神社 …

大阪 住吉大社 「五大力」と書かれた小石で願いが叶う

住吉大社は全国約2300社余ある住吉神社の本社で、お正月の初詣参拝客数は毎年20 …

佐賀県 宝当神社 小さな島の神社に年間20万人もの参拝者が

佐賀県の宝当神社は、唐津湾に浮かぶ島に建つ神社です。戦国時代、海賊から島を守って …

島根県 美保神社 「ゑびす様」社3385社の総本社

美保神社(みほじんじゃ)の創建は不明ですが天平5年(733年)の「出雲国風土記」 …

栃木県 日光二荒山神社 杉板が表紙の御朱印帳が人気です

奈良時代の天応2年(782年)勝道上人によって開かれた神社で、日光二荒山神社(に …

鳥取県 金持神社 金運を運んでくれる「黄色いハンカチ」

金持神社(かもち じんじゃ)は、天之常立尊(あめのとこたちのみこと)、八束水臣津 …

出雲大社「縁結び」の聖地 10月は恋愛運の御利益が最強

毎年10月(神無月)に日本全国から神様が出雲大社に集まり、人々の「ご縁を結ぶ」相 …