深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

茨城 筑波山神社 「羽根突きの発祥の地」のお守り「つくばね守」

      2019/05/30

筑波山神社は筑波山を神体山として祀る神社で、主要社殿は「男体山本殿 – 西峰頂上」、「女体山本殿 – 東峰頂上」、「拝殿 – 山腹」。筑波山は西峰・東峰からなる双耳峰で、筑波山神社本殿はその両山頂に1棟ずつ鎮座しています。

南面中腹にある拝殿周辺には、門前町が形成されていて、一般に「筑波山神社」という場合は、この拝殿周辺をいいます。筑波山神社拝殿の西には筑波観光鉄道の筑波山ケーブルカーの「宮脇駅」があります。

筑波山神社の主祭神は人格神を伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冊尊(いざなみのみこと)で二神は結婚し、多くの神々を産みまた国産みをしたことから、縁結び・夫婦和合・家内安全・子授け・子育て等のご利益があるといわれています。

 
 

スポンサードリンク

 
 

■筑波山神社

所在地: 茨城県つくば市筑波1番地

TEL:029-866-0502

 
 

■筑波山神社の御朱印

中腹の筑波山神社拝殿向かって左手の授与所にて頂けます。

授与時間は9:00~16:30

※男体山は授与所なし、女体山は授与所があるものの閉まっていることが多いそうです。
 (詳しくは筑波山神社に問い合わせてください)

初穂料:300円

 
 

■筑波山神社の御朱印帳

・大判のオリジナルサイズが二種類(紫、ダイヤモンド筑波山)

 初穂料は各1200円

 

・普通サイズが一種類

 初穂料は各800円

 

スポンサードリンク

 

■筑波山神社のお守り

★錦守

初穂料 800円

この「錦守」は、筑波山の神様の御分身ですべての事柄にご利益があるとされています。このお守りは神衣(神様の衣)を神璽とし、春秋の御座替祭で筑波山頂の御本殿に納奉り、半年後神輿により中腹の拝殿に遷し、更に半年間お祀りしたものです。

 
 

★縁結守

初穂料 800円

筑波山神社の御祭神、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冊尊(いざなみのみこと)が日本で始めて結婚式を挙げたことが古事記、日本書紀にみえ、このことから筑波山神社は古来より「縁結びの神様」として有名で、このお守りは「縁結び」に御利益があるお守りです。

 
 

★男体守・女体守

初穂料 800円

男体守・女体守は山頂オリジナルのお守りです。

※山頂でのみ授与されます。

 
 

★つくばね守

初穂料 800円

天照大神が父母二神より賜った『つくばね』の実で、月読尊と羽根突きをしてお遊びになられた縁起により、筑波山は「羽根突きの発祥の地」とされ、「つくばね守」は女性に人気が高い「開運のお守り」です。

 
 

■筑波山神社へのアクセス方法

・つくばエクスプレスで「秋葉原」より「つくば駅」まで45分、筑波山シャトルバス40分

・車の場合は「常磐自動車道土浦北IC」より、国道125号線経由約40分

※駐車場

筑波山神社有料駐車場(1回500円 1時間無料) 

※ご祈祷者は無料(受付の際に駐車券をお持ちください)

 

 
 

■筑波山神社のパワースポット

★樹齢800年の大杉

この大杉は樹齢800年といわれています。
800年前というと鎌倉時代から世の移り変わりを見てきた大杉です。

 

★桜塚

この辺りは桜の木が多く、日本武尊東征のときにその桜木に神々が楽しく遊ぶのをご覧になり「影向桜」とよばれたそうで、参詣のときに麓より願をかけて小石を持ってきたので自ずと塚となって、地元の人はいつしか「桜塚」と呼ぶようになったそうです。

 

★男女川
「筑波嶺の 峰より落つる男女川 恋ぞつもりて淵となりぬる」

小倉百人一首の陽成帝の詩をはじめ多くの詩歌に詠われた川です。

 

★弁慶七戻り

元来「石門」といい、聖界(髙天原)と俗界(現世)を分ける門であるといわれ、大変神聖な場所とされています。「弁慶七戻り」という呼び名は、豪傑の弁慶でさえも、頭上の岩が落ちてくるのではと7度も後ずさりしたことによるそうです。

 
 

 
 

スポンサードリンク

 - ■恋愛運、結婚運がアップする神社、寺,  関東地方

  関連記事

石川県 気多大社 メールで申込み、無料で御祈願してもらえます

気多大社は出雲大社でもお馴染みの縁結びの神様である大国主命(おおくにぬしのみこと …

櫟谷七野神社「浮気封じ、復縁」祈願が郵送でも申し込めます

京都の櫟谷七野神社(いちいだにななのじんじゃ)の社伝によれば、平安時代文徳天皇( …

東京 烏森神社 「心願色みくじ」で「超大吉」が出るかも

烏森神社の御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、天鈿女命(あめのうづめのみこ …

佐賀県 佐與姫神社 日本三大悲恋伝説の佐用姫が祀られている神社

佐與姫神社は田島神社の境内社です。日本三大悲恋伝説といわれる「松浦佐用姫伝説」( …

奈良県 大神神社 「赤い糸」の伝説の由来といわれています

大神神社(おおみわじんじゃ)は、『古事記』や『日本書紀』に記される日本最古の神社 …

出雲大社「縁結び」の聖地 10月は恋愛運の御利益が最強

毎年10月(神無月)に日本全国から神様が出雲大社に集まり、人々の「ご縁を結ぶ」相 …

縁結びの神様「赤坂氷川神社」

氷川神社 (ひかわじんじゃ)は、東京都港区赤坂六丁目にある神社です。同区内白金に …

宮城県 竹駒神社 芭蕉も訪れた日本三稲荷の神社

竹駒神社は古くから日本三稲荷の一社に数えられる神社で、衣・食・住の守護神であられ …

京都祇園 八坂神社 湧き水は「美容水」として女性に人気です

恋人の聖地といわれる京都の「八坂神社」は「祇園さん」とも呼ばれ7月の祇園祭で知ら …

京都 下鴨神社の紅葉の時期、下鴨神社の七不思議とは?

下鴨神社はの正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といいます。境内の「糺の …