深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

仮想通貨は「ブロックチェーン」という技術で構築されています

   

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単語を知っていることが必要です■

 
これまで色々と英語をマスターしようと頑張ってきた人なら共感してもらえると思いますが、英語を実際に使えるかは、どのくらい英単語を知っているかで決まりますよね。
 
ここでご紹介する英単語記憶法は、東京大学の元医学博士が開発した「ミリオン・ボキャメモリー」という方法で、これまでのような長い時間をかけて暗記しなければならない大量の英単語を「短時間で効率的に覚える」学習方法です。
 
 
下記のサイトに、この超効率的な英単語記憶法を解説したサンプル動画がありますので、その驚異的な英単語記憶法を体験してみてください。
 
 
このサンプル動画を一度見るだけでも、そこで解説されている英単語を何のストレスもなく覚えてしまうのを実感できると思います。

mini20177300247miribokya.jpg

 

button_002.jpg

 

※購入後、気に入らなければ購入日から120日以内であれば無条件で代金は返却してもらえます。

 
 
 

★ ★↓↓ 記事はここから ↓↓★ ★
 
 

「ブロックチェーン」とは「取引台帳」が次々とチェーンで繋がるシステムです。

ビットコインなどの仮想通貨を使った決済や運用は、この「ブロックチェーン」というシステムで管理されています。

ビットコインの取引の履歴は一つのブロックの中に記録され、その取引履歴がインターネットの「台帳」に記録されていきます。

この取引は10分毎に「ブロック」にまとめられます。

 
 

この「ブロック」が次々に生成され、ブロック同士をチェーンのように繋いでいくシステムが「ブロックチェーン」というシステムなのです。

ブロックチェーンの特徴なのは、取引データが世界中のコンピュータに分散して保存されていることです。
 
 

例えば、銀行の取引の場合、取引データは銀行のコンピュータに保存されます。

しかし、ビットコインの取引は特定のコンピュータに保存されるのではなく、不特定多数の人がデータを共有するシステムになっています。

また、銀行のシステムのサーバーにあたるような存在が無く、端末同士がデータをやり取りする「P2P」という方式を使っています。
 
 

つまり、データを「保存、管理」するサーバーが無いということは、サーバーがハッキングされてデータが盗まれたり、改ざんされたりする危険が無いうことです。

端末同士でやり取りされたビットコインの取引記録は、ブロックチェーンに記入され、このデータは不特定多数に共有されます。
 
 

では、ブロックチェーンのシステムは管理者がいなくてもビットコイン運用のルールが守られるのでしょうか?

ビットコインのユーザーの中にはルールを破り不正をしようとする人も出てくるかもしれませんが、ブロックチェーンのシステムでは、複数のユーザーがそれぞれ監視役となる仕組みになっているのです。
 
 

要するにブロックチェーンというシステムでは、不正をしようにも不正ができないようなシステムになっているということです。

円やドルなのど法定通貨はその国の中央銀行が監視を行なっています。ここがビットコインとの大きな違いなのです。

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
 
 
 
 
 
 

■ビットコイン(仮想通貨)が注目されています
 

最近ビットコインがニュースになりますよね。
しかし、「ビットコイン」といわれても「よくわからない」という人が大多数ではないでしょうか?
 
 

確かに、ビットコインのネット上の仕組みを理解するには専門知識が必要ですが、
ビットコインを投資の対象として儲けようとするなら、そんな難しい理屈など知らなくても大丈夫ですよ。
 
 

■ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

ビットコインは千円程度の少額から購入できます。

小遣い程度の資金でコツコツとビットコインを買い増ししていく投資方法でも、将来的には大きな利益を出すことができるのがビットコインです。
 
 
 
■ビットコインの価格は2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格は2017年1月には10万円ほどでしたが、2017年12月には200万円を突破しました。
2017年度だけでも20倍も値上がりしました。

ビットコインの価格がどこまで上がるのかは専門家でも意見は別れていますが近いうちに1000万円までいくという専門家もいます。
 
 

・2009年に初めてビットコインが登場しました。そのときの1ビットコインの価格は0.07円でした。

・2011年にアメリカの「TIME」にビットコインが特集されたとき、1ビットコインの価格は130円でした。

・2013年には1ビットコインの価格は4600円でした。
 
 

★2011年頃にビットコインを1万円ほど(100ビットコイン程度)購入していたら、今ごろは2億円になっていたということです(笑)
 
 
■ビットコインはどこで買えるのか?

ビットコインを購入するには「株や為替取引」と同じように、ビットコインの売買を行なう「ビットコイン取引所」に口座を開設します。

「ビットコイン取引所」の口座の開設は、証券会社やFX会社に口座を開設するのとまったく同じです。

本人確認のための「運転免許証」など身分証明書を写真(スキャン)に撮り、送るのが少し面倒ですがパソコンとスキャナーがあればすぐに送れます。
 

■初心者の「ビットコイン取引所」の選び方

ビットコイン(仮想通貨)の取引を初めて行なう人は、安全性や手数料などをよく調べてから利用する取引所を選ぶようにしましょう。

初心者は金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に掲載されている取引所を選ぶようにしてください。

初心者が絶対に利用してはいけないビットコイン(仮想通貨)取引所は「外国のビットコイン通貨取引所」です。

外国のビットコイン取引所ではその信頼性がまったく不明なので、ビットコイン取引初心者は信頼のある国内の「ビットコイン取引所」を利用してください。
 
 

■お勧めのビットコイン取引所
 

■ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 

この「ビットフライヤー」は初心者に扱いやすいツールが揃っている取引所です。

ビットコインの取引が初めての人はこの取引所だけでも登録しておくと良いでしょう(無料です)。
 
 
■コインチエック

タレントの出川さんがテレビCMをしている「コインチェック」というビットコイン取引所です。

もちろん、登録などは無料です。

またサイト内では仮想通貨(ビットコイン)に関する解説も詳しくされています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 

 
 

 - ビットコイン

  関連記事

ビットコインが急騰した理由は機関投資家が本格的に参入してきたから

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単 …

ビットコインの価格 2018年は5万ドルはあり得るのか?

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単 …

ビットコインに関係する詐欺事件 マウントゴックス事件

ビットコインに関して、仮想通貨の信頼性や安全性に対して不安をいだかせた事件が「マ …

ビットコインは安全なのか?

最近のビットコイン(仮想通貨)ブームで、これまでビットコインに興味の無かった人達 …

初心者のビットコイン取引所の選び方

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単 …

米資産家のファンドがビットコイン大量保有と報道、価格上昇

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単 …

素人でもビットコインで儲けることができるのか?

2017年の8月頃からビットコインの価格が高騰し、それがマスコミに大きく取り上げ …

ビットコインは2017年度だけでも20倍の値上がりをした!

ビットコインの価格の高騰がニュースになることが多くなりましたよね。   …

ビットコイン(仮想通貨)とはどんな通貨なのか?

ビットコインをはじめとして「仮想通貨」といわれる「通貨」はどんな通貨なのでしょう …

「ビットコイン18年末までに2万5000ドルに、ここからの下げは今年最大の買いチャンス」米ファンドストラット代表トム・リー氏

■英語圏の大学に留学する場合、大学の講義についていくには最低でも2万語程度の英単 …