深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

「お中元」に贈る品は何が喜ばれるのか?

   

■お中元を贈る時期はいつ頃から?

お中元を贈る時期は地域によって違いますが、それぞれの地域で行われるお盆くらいまでに贈ります。一般的には7月初旬から7月15日までですが、関西地方では8月1日から15日までに贈るのが一般的と言われています。

スポンサードリンク

■お中元で相手から喜ばれる品はなにか?

お中元をもらって喜ぶ品は「普段、自分では買わないもの」「少量でも高級感を感じられるもの」だそうです。「高級感」が感じられる品とは、普段は買わない少し高い食品などです。

例えば

「高級アイスクリーム」
「高級なケーキ屋さんのケーキやクッキー」
「高級ハム」
「産地直送の果物」
「高級チョコレート」

など、自分では普段は買わない「こだわり食材」や「有名高級食品」が喜ばれるようです。
またお中元で喜ばれるのは高額商品ではなく、あくまで“ちょっとした”高級感のある品です。つまり、「量の割に高い」といった感覚の品の方がが満足度が高いようです。


スポンサードリンク

お中元として送られる物の定番としては

ビール
商品券
お酒
お菓子
野菜
果物
詰め合わせ
洗剤
コーヒー

などですが、お中元の品物を選ぶ場合に注意すべき点としては、食品などは好みもありますし、「野菜」など「生もの」は賞味期限などもあるので慎重に選びたいものです。

「ビールやお酒」などはアルコールがダメな相手に送っては意味がありません。また、健康上の理由で禁酒している方もいます。「お酒は飲めない」と言い出せない人にビールやお酒を贈ってしまってい逆に相手に不快感を与えてしまう可能性もあります。

「洗剤」も特定の洗剤しか使わないというご家庭もあります。

お中元に贈る品物の最近の傾向としては「お菓子類」の人気が高まっているようです。
お子さんがいる家庭ならば暑い時期でもあるので「ジュース系」も喜ばれるようです。

「商品券」も喜ばれるお中元ですので、あれこれ贈る品に迷うなら「商品券」を贈るもの無難かもしれません。

 
 

■お中元を「喪中」に送るのは儀礼上差し支えないか?

「喪中のお中元やお歳暮はいけない」という話をよく聞きますね。しかし、お中元やお歳暮は本来お祝いとして贈る物ではなく、日頃お世話になっている方へのご挨拶とお礼のための贈り物ですので、喪中に贈っても、又は贈られてもマナーとして何の差し支えもありません。

但し、相手が喪中の場合は「四十九日の忌明け」までは控え、時期をずらして「暑中御見舞」や「残暑御見舞」の形にするほうが良いでしょう。この場合、派手な包装や紅白の水引は避け白無地の奉書紙をかけて贈るようにして、送り状で慰めの言葉を添える心遣いも大切です。

スポンサードリンク

 - 生活の知識

  関連記事

2015530bara222
妊娠したら…妊婦健診はなぜ必要か 妊婦健診の公費による補助 

妊婦健診は妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認し、医師や助産師のアドバイス …

201545sorakumo
朝食をしっかり食べると、こんな効果があります

朝が忙しいからと、朝食くらい食べなくても何も変わらないだろうと思いがちですが、朝 …

2015425fuurin
セミの生態と一生

セミといえば、はかない命の代名詞のようにいれれていますが、蝉の寿命はそれほどに短 …

2015516hhh
男のための冬のマフラー 定番の巻き方の解説

寒くなる季節ですね。 スポンサードリンク そこで、男性のための、簡単でおしゃれな …

2015718neko11
七五三、神社に納める初穂料の相場はどのくらい?

子供の七五三のお参りで神社に祈祷をお願いした時に渡すのが初穂料です。 この初穂料 …

2015514kougen
忘年会の案内メールの書き方(会社編)

会社で忘年会の幹事になった場合、上司、得意先のなどへ忘年会のご案内をしなければな …

2016410326
初めて日本刀を鑑賞する人のための、日本刀の基礎知識

「日本刀」とは日本の刀剣の総称で、西洋の「剣」と異なり「柄(つか)」が長く両手で …

2015420yakei
父の日のプレゼントは何がいいのかランキング?

  6月の第3日曜日は「父の日」ですが、この日が「父の日」とされるのは …

2015421toipu
スマホの「SIMロック解除」とは?…そのメリットとデメリット

2015年5月からスマホや携帯電話の「SIMロック解除義務化」が施行されます。 …

2016431018
男性へのクリスマスプレゼント もらって嬉しいランキング

男性に贈るクリスマスプレゼント。何を贈れば喜んでもらえるのか悩むところです。そこ …