深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

日本でのボジョレー ヌーヴォー、今年の解禁日はいつ?

   

フランスワインのボジョレー ヌーヴォーには、なぜ解禁日があるでしょうか?

1951年、フランスは軍隊へのワインの供給を確保するために、ワインの出荷を12月15日まで制限すると省令が出されました。
それを受けてボジョレー生産者協会はボジョレーの新酒を、通常よりも早く販売したいとフランス政府に申請を起こしたのです。
その結果、「12月15日の解禁を待たずに今現在から販売することのできるワイン」が認められました。

つまり、この時初めて「ボジョレー ヌーヴォー」と呼ばれるワインが誕生したのです。

 
 

 
 

■日本が世界で一番早い「解禁日」なった理由は?

ボジョレー ヌーヴォーが世界で注目を集めはじめた頃、ワインの売り手たちは、いち早く出荷しようと競いはじめました。
その結果、質の悪いワインも出回ってしまい、せっかく世界に認められたボジョレーの評判を落としかねないほどでした。

そこで1967年、フランス政府は、ワインの品質を下げないために解禁日を定めたのです。それが「11月15日」でした。

解禁されるまでは販売も飲むことも禁じました。

 

 

ところがフランスは安息日に働かないお国柄なので、この日が土日や祝日になると運送がストップして出荷ができなくなってしまいました。

1985年、フランス政府は安息日に重ならないように配慮し再び解禁日を定めまました。

それが現在の「11月の第3木曜日午前0時」なのです。

 

そうして、日付変更線の関係上、日本では本国フランスよりも早く解禁日を迎えるのです。

2016年は「11月17日」が解禁日です。

 
 


 
 

ボジョレー ヌーヴォーとしては白ワインは認められていません。

またワインのつくりかたも他の地区のワインとは、違います。

通常は、発酵の前にぶどうを破砕しますが、ここでは収穫した「ぶどうの房」を、そのままタンクにいれて発酵させます。
こうすることで、ぶどうの重さでぶどうが潰れ果汁が流れ出て自然に発酵が始まり、タンクの中に炭酸ガスが充満します。
そして、ぶどうの実の内部でさまざまな成分が生成され独特の風味が生まれます。
そこから色素が溶け出し、タンニンの少ないきれいなルビー色のワインになるのです。

 
 

■ボジョレー ヌーヴォーの飲み頃の適温は?

ボジョレー ヌーヴォーは軽く冷やして(12~14℃ 程度)飲むのがお勧めです。
鶏肉のクリーム煮、合鴨のソテーや、ハム、ソーセージ、パスタなど、幅広いジャンルの料理と合わせることができます。
 
 
 
 

 - 生活の知識

  関連記事

セミの生態と一生

セミといえば、はかない命の代名詞のようにいれれていますが、蝉の寿命はそれほどに短 …

阪神淡路大震災を経験した私が、地震から身を守る方法を解説します

阪神淡路大震災を経験した私ですが、地震の恐ろしさを未だに忘れることはできません。 …

食中毒を防ぐために家庭でできる予防法

暑い季節になると食中毒が増える時期となります。食中毒を防ぐために家庭でできる予防 …

雪が降りました

昨日は本当に寒かったですね。自転車に乗っていても手が冷たくて手袋をしていました。 …

梅雨の時期「部屋干し」「生乾き」の臭いの悩みの解決方法

梅雨の時期は晴天の日も少なく洗濯物を干す時はどうしても「部屋干し」しなければなら …

「お盆玉」とは、お盆に帰省してくる孫にあげるお小遣いのことです

「お盆玉」という言葉を初めて聞いた、という人も多いと思います。これは最近はやり出 …

男のための冬のマフラー 定番の巻き方の解説

寒くなる季節ですね。 そこで、男性のための、簡単でおしゃれなマフラーの巻き方を解 …

朝食をしっかり食べると、こんな効果があります

朝が忙しいからと、朝食くらい食べなくても何も変わらないだろうと思いがちですが、朝 …

東京のおみやげ人気ランキング お菓子はこれが大好評です

東京に来たとき、お土産に何を買うか迷いますよね。定番の東京のお土産から、テレビで …

七五三、神社に納める初穂料の相場はどのくらい?

子供の七五三のお参りで神社に祈祷をお願いした時に渡すのが初穂料です。 この初穂料 …