深夜の友は真の友

人生は短く、夜もまた短い。今日できることは明日に延ばして、せめてこの深夜の一時を…

マイナンバーにより主婦の「パート収入」や「へそくり」がバレてしまう

   

マイナンバーにより、家族にナイショの「へそくり」がバレてしまう可能性が高くなります。

将来的には銀行口座とマイナンバーを「ひも付け」される予定ですので、税務署は簡単に「名寄せ」ができるようになります。そうなると、主婦のパート収入も簡単に把握されてしまいます。
 
 

スポンサードリンク

 

■ネットの「マイナポータル」を家族に見られると、家族にナイショの「へそくり」もバレる

2017年1月から運用が予定されている「マイナポータル」では、自宅のパソコンから、自分の情報を行政機関がいつ、どことやりとりしたか確認できるシステムです。

このマイナポータルに、あなたのパスワードで家族がアクセスしたら、あなたの銀行口座も家族に知られてしまう可能性があります。
 


スポンサードリンク

 

■マイナンバーにより「パート収入」はどんな影響を受けるのか?

妻のパート収入が
「103万円」以下であれば「配偶者控除」の対象となり税金がかかりません。
「130万円」未満なら扶養家族のために、妻は健康保険料や年金保険料を払う必要はありません。

年末に、御主人の勤め先に提出する「扶養控除等申告書」には「控除対象配偶者」の「所得の見積額」を記入します。この場合、妻の源泉徴収票を添付する必要はありません。

そこで、奥さんの年収が130万円を越えると、奥さんの手取り収入がかなり減りますので、奥さんの年収を低く偽って申告する場合もありました。

しかし、これからは扶養家族のマイナンバーを記載しなければならなくなりますので、奥さんの総所得も簡単に税務署に把握されてしまいます。

 
 

■マイナンバーに関しての疑問や苦情、何か困ったときの相談と問合せ先一覧

⇒http://oyajika.com/1996.html

 
 

スポンサードリンク

 - マイナンバー制度

  関連記事

高齢者で、マイナンバーが必要になる場合とは

すでに仕事から離れている高齢者の場合で、マイナンバーが必要となるケースはどのよう …

マイナンバー 生前贈与は2020年までに行なうほうがよいのか?

政府は2021年から、マイナンバーと銀行口座のひも付けを義務化する予定です。 今 …

マイナンバー制度による「なりすまし」などの不正利用を防ぐ方法とは

2016年からスタートする「マイナンバー制度」ですが、国民が一番不安なのは「自分 …

マイナンバー制度、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)との違いは

マイナンバー制度と住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の違いについて解 …

マイナンバー 「個人番号カード」は作ったほうがいいのか?

マイナンバー制度で「個人番号カード」は必ずしも「申請しなくてもいい」のですが、こ …

マイナンバー制度で、あなたの資産はすべて税務署に把握されます

マイナンバー制度は、国民にとっては「身分証明」が簡単になるくらいのメリットしか無 …

マイナンバー 個人番号カードはどうやって取得するのか?

マインバー制度により「個人番号カード」は通知カードとは別のもので、申請しなければ …

マイナンバー制度により、副業やアルバイトが会社に知られてしまうのか?

サラリーマンの場合、会社によっては副業が禁止されている場合も多いと思います。しか …

マイナンバーで株式投資、FX取引、課税逃れの海外預金は難しくなる

マイナンバーと銀行口座とのヒモ付が将来的には義務付けられる予定です。 そうなると …

マイナンバー 個人番号カードを紛失しらどうしたらいいのか?

マイナンバーの「個人番号カード」を無くしてしまった場合、その対処法を解説します。 …